開業サポートブログ
BLOG

エステサロンの経営

2023.11.27

エステサロンはSNSを活用しよう!各SNSの特徴とコツを紹介

facebook

twitter

line

こんにちは!エステサロン経営で女性の夢を応援するジーラボラトリーのサロンインストラクター立石です。

 

エステサロンの経営は忙しいので、「手軽にお店の情報をお客様に発信したい」と考えたとき、SNSは大活躍しそうですよね。

しかし、SNSにはInstagramやX(旧Twitter)などさまざまなものがあり、どれをどう使うのが効果的なのか迷うところ。

 

そこでこのコラムでは、各SNSの特徴と成功する利用の仕方についてご説明いたします。

効果的なSNSの活用法を知って、エステサロンを盛り上げていきましょう!

スマートフォン

 

エステサロンでSNSを活用するメリット

エステサロンでSNSを活用するメリットは以下の4つです。

  • 集客ができる
  • 広告費がかからない
  • スマホで簡単にできる
  • リアルタイムで情報が発信できる

 

詳しく見ていきましょう。

 

集客ができる

SNSをうまく活用すると、集客につながります。

 

SNSはコミュニケーションツールなので、興味や嗜好が似たような人たちが集まります。

つまり、エステや美容に興味のある人が、フォローしたり「いいね」をくれたりして、関係性を深めていけるのです。

 

お店のキャンペーンや有益情報を投稿すると、来店されたり口コミで拡散されたりするなど集客につながります。

エステサロンの知名度を上げるのに、SNSは有益な手段なのです。

 

広告費がかからない

SNSの多くは、無料で利用することができます。

 

通常何かを宣伝したいときには、さまざまな媒体に広告を載せなければならず、そのために宣伝費用が必要になります。

しかし、SNSなら無料でお店やキャンペーン情報などを載せられ、ときには口コミで拡散されるので、更なる宣伝効果が期待できます。

 

広告費削減できるSNSは、ぜひ利用したいツールですね。

 

スマホで簡単にできる

SNSはスマホで簡単に投稿できます。

忙しくてパソコンの前にじっくり座っている時間がない方も、手軽に投稿できるのがうれしいポイント。

あまりWebの知識がなくても使いこなせるので、パソコン操作が苦手な方も安心して使用できます。

 

仕事の隙間時間やランチの間にサクッと投稿できるので、高頻度かつ安定的に活用できるメリットがあります。

 

リアルタイムで情報が発信できる

思い立ったらすぐに投稿できるメリットがSNSにはあります。

 

急遽始めるキャンペーンのお知らせや、思いがけずにお休みをしなければならなくなった日の告知など、即座に情報を発信できるのです。

 

また、新規・既存のお客様からの質問やコメントに対しても、時間を置かずに返信するなど、タイムリーなコミュニケーションができるのもメリットです。

 

 

エステサロンのSNSはそれぞれの特徴にあわせて発信を

エステサロン

SNSにはInstagramやX(旧Twitter)・Facebookなどいくつか種類があります。

どれも気軽に運用できますが、全て同じ手法で活用していては、高い効果は期待できません。

 

それぞれの特徴にあわせて適切に活用し、最大限の効果を発揮して運用しましょう。

 

Instagram

動画や写真でご自身のエステサロンの魅力を最大限に表現できるのがInstagram。

お店の外観や室内、施術中の様子、スタッフの人柄など視覚でアピールできるので、雰囲気を伝えやすいツールです。

 

質問・アンケート・クイズといった細かな設定ができるので、サロンからの一方通行ではなく、お客様と距離を縮めていけるのも利点です。

質問やアンケートの結果次第では、次の投稿のネタにも使えますよね。

 

Instagramの運用のポイントは、フォロワーを増やすこと

投稿した写真にハッシュタグを付けて、検索されやすくしましょう。

 

そして、エステや美容に関して興味のありそうなユーザーを積極的にフォローして、サロンの存在を知ってもらうことも大事です。

Instagramは拡散機能が弱いので、自分からフォローする・投稿回数を増やすなどして積極的に活動していきましょう。

 

アカウントをビジネスアカウントに切り替えるのをおすすめします。

プロフィールに電話番号・メールアドレス・お店までの道順が書けるほか、Instagram上で店舗へのネット予約ができるようになります。

 

X(旧Twitter)

SNSの中では一番の拡散能力があるといっても過言ではない、X(旧Twitter)。

より多くのユーザーに情報を拡散したい場合に向いています。

投稿内にリンクを貼っておけば気軽にクリックできるので、エステサロンのホームページやブログへの訪問を促せます。

 

Xの運用方法は、プロフィールにエステサロンの経営者であることや、エステティシャンであることを明記し、定期的に美容についてなど数多く投稿することです。

それと同時に、エステや美容に興味がありそうな人をフォローしていくと、フォローバックをもらえる可能性が高まります。

 

ある程度フォロワーが増えたら、キャンペーンなどの告知を行いましょう。

Xは気軽にリポストしてもらえるので、集客効果が期待できます。

 

Facebook

写真と動画と文章でたっぷり情報を発信できるのがFacebookです。

深く内容を伝え、お客様との信頼関係を築くのに向いています。

 

実名登録が基本なので、リアルな友人・知人とだけつながっているユーザーが多く、拡散能力はあまりありません。

その代わり、実際の知人に勧められることで信ぴょう性が高まり、訪問につながる可能性が高まります。

 

そのためFacebookは頻繁に更新するよりも、ブランディングに力を入れた投稿をすると良いでしょう。

 

LINE公式アカウント

気軽にコミュニケーションを取ったり、コアな情報を届けたり、既存客や見込み客との関係性を強化できるのがLINE公式アカウント。

 

メッセージを受け取ると約8割のユーザーが当日中に開封するという驚異の開封率・即効性の高いツールです。

「本日施術可能な時間帯があります!」など、リアルタイムで集客することも可能でしょう。

 

質問なども随時チャットでやり取りができるので、電話と違って時間を気にすることなく、お客様に煩わしい思いをさせることもありません。

 

また、LINEは初期費用無料でショップカードの発行やクーポンを作成できるため、お客様のリピートにも貢献します。

 

エステサロンのホームページ

SNSではありませんが、ご自身のエステサロンのホームページを持ちましょう。

SNSだけでは情報が足りなかったり、情報が散らばっていたりするのでお客様も困惑してしまいます。

 

そこで、メニューや料金設定・予約の取り方・スタッフの紹介など、エステサロンについての情報がまとまっているホームページが必要になります。

 

また、ブログもエステサロンにとっては重要です。

ブログは、いってみればサロンの日記のようなものです。

サロンの今の取り組みやサロンへの思いなどをお客様と共有するような気持ちで綴り、親近感を持ってもらいましょう。

 

「明るい雰囲気のエステサロンだな」「アットホームな雰囲気だから行ってみたい」とお客様に感じていただき、来店につなげましょう。

 

 

エステサロンのSNSを成功させるコツ

エステ

何となくSNSを活用しているだけでは、効果は出づらいでしょう。

集客するには戦略が必要となりますので、その方法を3つお伝えいたします。

 

投稿数を増やす

投稿はどんなに良い内容であっても、見てもらわなければ効果はありません。

 

しかし、SNSのタイムラインは、新しい投稿がどんどん上に表示されるために過去の投稿は埋もれていってしまい、目に付かなくなってしまいます。

 

それを防ぐためには、投稿回数を増やすことが大切です。

投稿数を増やすと目にする機会が増え、フォロワーやファンの増加につながります。

 

「投稿数を増やすとネタがなくなるのでは?」と心配されるかもしれませんが、ネタ切れ防止策には以下の方法があります。

  1. テーマを3つ決めて交互に投稿
  2. 季節ごとのお手入れの提案や注意事項・豆知識を投稿
  3. 同じテーマでも表現を変えて何度でも投稿

 

SNSは必ず見てもらえるとは限らないため、繰り返し同じような内容を投稿しても問題ありません。

 

また、定期的に投稿することによって、フォロワーを増やしていくことができます。

投稿する時間は、ターゲットとなるお客様が見てくださるような時間帯が良いですね。

例えば、会社員をターゲットに設定している場合は、昼休憩の12時ごろや自宅でゆっくり過ごしている人が多い20時ごろがおすすめです。

 

できるだけターゲットに設定した多くの人に見てもらえるように、戦略を練って投稿するようにしましょう。

 

同地域にある別業態のお店をフォローする

近隣のカフェや美容院などの別業態のお店をフォローすると、次の2点のメリットがあります。

  • リポストで自分のSNSの投稿回数を増やせる
  • 同地域の人に自分の店を知ってもらえる

 

ほかのお店をリポストすると、自然に投稿回数が増えてネタ切れ防止になります。

また、他店のフォロワーやファンの人たちに自分のサロンを知ってもらうきっかけにもなります。

同地域のお店のフォロワーやファンなので、住んでいる場所もサロンに通える範囲内である場合が多いでしょう。

 

SNSから予約できる導線を作っておく

SNSから迷わずに予約できる導線を作っておきましょう。

 

サロンに興味を持ち予約しようとしたり、公式サイトを見ようとしたりしたのに、アクセスできずに迷子になってしまうと、めんどくさくなってそれ以上調べるのをやめてしまうことも。

プロフィールページにホームページのリンクを貼ったり、投稿記事内にURLを掲載したりして、お客様がすぐにアクセスできるようにしましょう。

あわせて読みたい

 

 

エステサロンはSNSを効果的に使って集客しよう!

エステサロンでSNSを活用すると、広告費をかけずに集客が可能・リアルタイムで情報が発信できるメリットがあります。

 

SNSにはInstagram・X(旧Twitter)・Facebook・LINE公式アカウントなどありますが、それぞれ特徴が違います。

特徴をしっかりとつかんで、効果的な運用をしましょう。

 

SNSに頻繁に投稿するとネタ切れを起こしがちです。

その際には、テーマを3つ決めて交互に投稿したり、季節ごとのお手入れの提案や注意事項を投稿したりするほか、同じテーマでも表現を変えて何度も投稿するのもおすすめです。

また、近隣のお店をリポストでネタ切れ防止をしましょう。

 

SNSを見て、もっとエステサロンについて知りたい・予約したいと思っているお客様を逃さないためにも、公式ホームページや予約ページへの導線をしっかりと作るのが大切です。

 

ジーラボラトリーの「SR SALON」は、短期間・低資金で開業できるフェイシャルエステサロンの開業サポートをしております。

開業後の運営もサポートしておりますので、集客に不安のある方はぜひお気軽にご相談ください。

あわせて読みたい

 

この記事を書いた人

サロンインストラクター立石あずさ

SR SALON開業/運営サポート・各種研修を担当。
スキンケアやメイクアップを通じて、全国の女性の皆様にビジョン「Your Beauty Our Happiness」を広め、女性が輝く働き方を後押ししています。

facebook

twitter

line

(C)G.Laboratory. All Right Reserved.