開業サポートブログ
BLOG

エステサロンの経営

2023.12.25

エステティシャンの名刺づくりを解説!ポイントや注意点も確認

facebook

twitter

line

こんにちは!エステサロン経営で女性の夢を応援するジーラボラトリーのサロンインストラクター立石です。

 

「集客はSNSで行なっているし、営業に出るわけではないから名刺は不要かな」と、名刺を持つ意味があるのか疑問に思うエステティシャンの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、エステティシャンにとって名刺を持つことは、いくつものメリットがあるのです。

 

そこでこのコラムでは、エステティシャンが名刺を持つメリットや、つくる際のポイントについて解説いたします。

名刺づくりの注意点についてもお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

ファイシャルエステ

 

 

エステティシャンに名刺は必要?

エステティシャンにとって、名刺は絶対になくてはならないというわけではありませんが、名刺にはメリットがあるため、持っていない方はつくることをおすすめします。

エステティシャンにとって、名刺には大きく2つのメリットがあります。

 

メリット①安心感・信頼感・丁寧な印象を与える

名刺には、連絡先やホームページ・SNSを記載するだけでなく、保有資格や経歴などの情報を載せることができます。

 

つまり、名刺は身分証明のような存在

保有資格などを記載することで自分の実力もアピールできるので、お客様に安心感や信頼感を与えるツールとなるのです。

 

また、名刺なしで「エステティシャンをしています」と挨拶されるよりも、名刺とセットで挨拶されたほうが丁寧に感じますよね。

安心感・信頼感・丁寧な印象をお客様に与えるためにも、名刺をぜひ活用しましょう。

 

メリット②集客につながる

口頭でお店の連絡先を伝えると忘れられがちですが、名刺をお客様に渡すと手元に残るので、自分のことを覚えていてもらえる可能性があります。

 

また、エステサロンのQRコードを名刺に載せておくと、お客様はSNSやお店のサイトに簡単にアクセスでき、次回の予約や集客につながりやすいです。

 

お客様が名刺をお友達に渡して、紹介してくれるかもしれません。

 

名刺が手元にあると「また施術してほしいな」と思うきっかけにもなりますので、ぜひ名刺をお客様に渡しましょう。

 

 

エステティシャンの名刺づくりのポイントとは?

名刺をつくるなら、お客様の記憶に残るような、魅力的な名刺にしたいですよね。

ただし、ただおしゃれにするだけではなく、名刺としての機能をしっかりと果たすものではなくてはいけません。

 

名刺に記載すべき情報

名刺に載せたほうが良い情報について、ご紹介します。

 

名刺に載せる基本情報

お客様にお伝えしたい基本情報は下記です。

  • 店名
  • 自分の名前
  • 肩書
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 定休日
  • 営業時間

 

記載内容に決まりはありませんが、これらは名刺に載せておいたほうが良いでしょう。

 

また、あれば公式ホームページのURLやSNS・公式LINEのQRコードなども記載することをおすすめします。

調べればわかるものですが、名刺に記載することですぐにアクセスしてもらえる可能性があります。

名前はもちろんのこと、調べなくてもすぐにアクセスできるように、一枚の名刺に情報をしっかり記載しておきましょう。

 

差別化を図る自己PR

名刺に記載する内容は自由です。

だからこそ、ほかのエステティシャンと差別化を図るために、自己PRを記載して工夫しましょう。

 

例えば、次のような内容を記載するのもおすすめです。

  • 保有資格
  • 自分自身のキャッチコピー
  • 趣味や好きなこと

 

エステ関連の資格が記載されていれば、お客様の信頼感を得られるでしょう。

自分自身のキャッチコピーや趣味などを記載すると、お客様に親近感を持ってもらえ、会話が弾むかもしれません。

 

小さな紙一枚の名刺ですが、書き方によってはお客様とよりつながれる魅力的なツールとなるのです。

 

印象に残る名刺をつくるポイント

必要事項などを載せた名刺を、さらに魅力的にするのが名刺のデザインです。

素材や色、フォントなどで、名刺の印象はかなり異なってきます。

 

素材は、さまざまな種類があります。

もちろん好みで決めるのも一つの方法です。

しかし、写真を載せるなら表面がツルツルして光沢のあるコート紙、お客様に一言書くならペンで記入しやすい上質紙など、用途によって選ぶのも良いでしょう。

 

デザインは、自由につくれるからこそ一番迷うところかもしれません。

しかし、エステティシャンの名刺は美意識の高いお客様に渡すものです。

エステサロンの魅力が伝わるような、素敵なデザインを選んでくださいね。

 

なお、エステサロンのロゴをモチーフにしたデザインは、統一感が出ておしゃれになります。

ロゴを使わなくても、サロンのコンセプトや「美」をイメージする花や草などのモチーフを取り入れたり、フォントを女性らしくしたりするのも良いでしょう。

 

デザイン・カラー・フォントと全体のバランスをとるのが難しいと感じるならば、印刷業者やデザイナーに外注する方法もあります。

 

名刺を渡すタイミング

名刺をスマートに渡すには、いつが良いのでしょうか?

渡すタイミングは、主に施術前か退店時の2つです。

タイミングによって与える印象が違いますので、自分が狙う効果の時に渡してくださいね。

 

施術前

  • 安心感・誠実さを印象付けられる
  • 会話の糸口になる

 

施術前に口頭ではっきりと自己紹介をしながら名刺を渡すと、ビジネスマナー的にも誠実な印象を与えます。

また、口頭では伝えきれなかった資格などが名刺には書いてあるため、施術準備をする間に読んでもらえば、より信頼感・親近感がアップします。

 

名刺を見て興味を持ってもらえれば、そこから会話の糸口ができ、リラックスした雰囲気のなか施術ができ、お客様に好印象を持ってもらえるでしょう。

 

退店時

  • 営業感が出ない
  • 最後に良い印象を与えられる

 

来店と同時に名刺を渡すのは、少し営業感が出ているようで気まずいと感じる方は、お客様が帰る間際に渡すと良いでしょう。

その際、施術中に出たお客様の悩み事や世間話に共感する言葉や、「お肌のトラブルや相談事がありましたらご連絡ください」の一言を添えると、スマートな流れになります。

退店時のこのような行動にお客様は「また来たいな」と感じる場合が多く、好印象が残ります。

あわせて読みたい

 

 

エステティシャンの名刺づくりの注意点

注意点

お店がどのようなところか、エステティシャンがどのような人かを知ってもらうために、何でもかんでも情報を載せてしまうと、危険な場合があります。

 

エステティシャンの名刺づくりで気を付けたいポイントを、いくつかご紹介いたします。

 

個人情報の取り扱いに気を付ける

エステティシャンの名前やお店の住所を載せるのは必須ですが、自宅の住所や電話番号・プライベートのSNSアカウントなど、個人情報を載せるのは避けましょう。

 

自宅がエステサロンの場合は、最寄り駅を載せるか、住所を途中まで記載するなど対策するのもポイントです。

 

お客様とのトラブルを避けるためにも、プライベートが特定される情報は載せないようにしましょう。

 

名刺作成の外注時の料金に気を付ける

見栄えを良くしたいために、素材や加工にこだわって、気が付いたら名刺作成が高額な料金になってしまった、という状況になることは避けたいですよね。

 

名刺はお客様に配るものです。

なくなれば、追加で作成が必要になります。

その都度、高額な作成費を払うことになってしまうと、経営を圧迫する一因になりかねません。

 

ご自身が継続的に払える範囲内の金額で、デザインなどにこだわるようにしましょう。

 

 

エステティシャンの名刺は安心・信頼の証!自分らしい名刺を

エステティシャンの人となりを表したり、お店の情報を記載したりできる名刺は、それだけでお客様からの安心感や信頼感を得られるツールになります。

 

素材やデザインを工夫することで魅力的な名刺となり、お客様の記憶に残ることも可能です。

名刺をお客様にわたすことで、また来ようと思っていただいたり、実際予約を取っていただいたりと、集客につながります。

 

個人情報を名刺に書かないよう注意しながら、このコラムのポイントを参考に、ぜひ素敵な名刺をつくってくださいね。

 

ジーラボラトリーの「SR SALON」では、未経験の方でも安心してエステサロンを開業・運営できるようにサポートしております。

 

開業前からのお悩みやご相談を承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

あわせて読みたい

 

この記事を書いた人

サロンインストラクター立石あずさ

SR SALON開業/運営サポート・各種研修を担当。
スキンケアやメイクアップを通じて、全国の女性の皆様にビジョン「Your Beauty Our Happiness」を広め、女性が輝く働き方を後押ししています。

facebook

twitter

line

(C)G.Laboratory. All Right Reserved.