開業サポートブログ
BLOG

女性の働き方

2024.01.15

ワーママに疲れた!疲れを感じるシーンや解消方法をチェック

facebook

twitter

line

こんにちは!エステサロン経営で女性の夢を応援するジーラボラトリーの立石です。

 

仕事と家庭の両立に奮闘するワーママ。

忙しい日々の中で心と体の疲れを感じることも多いですよね。

 

ここでちょっと立ち止まり、疲れの原因を見つめ直してみませんか?

今回は、ワーママが疲れを感じるシーンと、その疲れを軽減するための実践的な方法をご紹介します。

 

 

ワーママが疲れたと感じるのはどんなとき?

「ワーママ」とはワーキングママの略称で、働きながら育児をしている女性のことを指します。

ワーママたちが日々感じる疲れには、どんなものがあるのでしょうか?

ここでは、ワーママたちが仕事と家庭のどんなシーンで疲れを感じているかをご紹介します。

 

【仕事】で疲れたと感じるとき

仕事の中で疲れたと感じるのは、どのようなときでしょうか。

 

長い通勤時間

毎日の長い通勤は、ワーママにとって大きなストレス。

混雑した電車やバスでの長時間の移動は、それだけでぐったりしてしまいます。

 

通勤に時間を取られることで、家で過ごす時間が少なくなるのも悩みどころ。

子どもとのコミュニケーションや自分のリラックスタイムが減ってしまうのは辛いですよね。

 

また、通勤時間の長さは、仕事への集中力や健康にも悪い影響を与えることも。

疲れて仕事に取り掛かることで、生産性が低下し、仕事の質も落ちてしまいがち。

さらに、家に帰ってからの家事や子どもの世話にも支障をきたすことがあります。

 

仕事量の多さ

たくさんのタスクやプロジェクトに追われると、仕事の質や成果に対して不安な気持ちになりがち。

結果的に職場での緊張感を高めることになってしまいます。

 

さらに、仕事の多さは家庭生活にも影響する場合も

長時間働くことで、子どもや家族と過ごす貴重な時間が減ってしまいます。

また、仕事についての悩みや考え事が増えると、家庭のことに集中できなくなり、育児やパートナーとの関係にストレスを引き起こす可能性もあるでしょう。

 

【家庭】で疲れたと感じるとき

では、家庭で疲れたと感じるときはどのようなときでしょうか。

 

子どもや自分の体調不良やイベントへの対応

ワーママが直面する家庭での大きな問題は、子どもや自分自身の体調不良、そして学校や地域のイベント参加ではないでしょうか。

 

子どもが急に病気になった場合、仕事のスケジュールを急きょ変更する必要があります。

せっかく計画を立てても予定どおりに進まず、大きなストレスに。

また、学校行事や地域イベントなどへの参加も、楽しみがある反面、準備やスケジュール調整など負担に感じることもあるでしょう。

 

毎日の家事

もう一つの大きな疲れの原因は、日々の家事

特に、食事の計画や買い物、調理、そして後片付けまでを行う夕飯づくりに、ストレスを感じている方が多いです。

仕事から帰った後に食事を作ることは、時間と労力を使うため、心身の疲労を増やす要因となってしまいます。

あわせて読みたい

 

 

ワーママの“疲れた!”を解消する方法

仕事でも家庭でも常にプレッシャーや忙しさを感じているワーママ。

仕事と家庭の両立に疲れを感じたら、働き方や家事の方法を変えてみるのも一つの選択です。

 

具体的な解消方法について見ていきましょう。

 

働き方を変える

働き方を変えれば疲れが大きく解消できる可能性があります。

 

まず考えられるのは、転職。

現在の仕事があまりにもストレスであれば、より働きやすく家庭とのバランスをとりやすい職場を探すことが解決策になることも。

転職はとても大きな決断ですが、長期的なキャリアと生活の質を考えたとき、必要な選択かもしれません。

 

また、フルタイムからパートタイムや時短勤務に切り替えることも一つの方法です。

多くの企業ではフレキシブルな働き方を支援しており、特に子育て中の従業員に対しては柔軟に対応してくれることが増えています。

また、テレワークやフレックスタイム制度を活用することで、通勤時間を減らしたり、自宅で仕事をしたりすることが可能です。

 

さらに、働き方を見直すことも大切です。

たとえば、仕事の優先順位を考えたり、効率的なタスク管理を行なったりすることで、負担を減らせることも。

仕事の効率化は、家庭で過ごす時間や自分の時間を増やすことにもつながります。

 

起業・独立する

今の仕事では家庭との両立が難しいと感じている場合は、起業や独立という方法も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

「起業のハードルは高い」と思うワーママも多いかもしれませんが、起業すれば仕事内容や時間も自分で決められます。

仕事と家事の両立も、今よりずっとしやすくなるかもしれません。

 

ジーラボラトリーでは、未経験の方でもエステサロンを開業できるサポートを行なっています。

未経験の方にも、エステの知識や技術、運営やサロン経営のお手伝いなど、安心して開業できるようにサポートいたします。

サロンオーナーとなって、家族との時間や自分の健康を大切にしながら働く選択もできますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

家事を効率化する

ワーママの疲れを軽減するためには、家事の効率化がポイント。

 

毎日の料理の負担を減らすために、まずは作り置きのおかずを試してみましょう。

週末に数日分のメニューを作って冷蔵庫に保存すれば、平日の料理時間を大幅に削減できます。

買い物の負担を減らすには、食材のまとめ買いやオンラインスーパーなどの利用がおすすめ。

時間が省けるだけでなく、計画的な食事の準備が可能になり、食費の節約にもつながりますよ。

 

掃除に関しては、月に1回程度しっかり丁寧に掃除をして、日々の掃除は手を抜くという方法もあるでしょう。

掃除機や食器洗い機などの家電を活用して、家事の負担を軽減することも一つの方法です。

子どもの年齢によっては、簡単な家事をお手伝いしてもらうのも良いですね。

 

また、家事代行サービスを利用するのもおすすめです。

専門のスタッフが家事を代行してくれるため、自分の時間をより有意義に使うことができます。

家事は自分だけがやるものと考えず、さまざまな方法で分散していきましょう。

 

 

ワーママの“疲れた”を解消して日々のストレスを軽減しよう

仕事での疲れの原因としては、長時間の通勤、仕事量の多さなどが挙げられます。

家庭では、子どもの体調不良やイベント参加、毎日の家事などに疲れを感じている方が多いです。

 

疲れを解消するためには、働き方を変えるのも一つの選択です。

転職や時短勤務、テレワークなど、自分のライフスタイルに合った仕事の選択をすることで、ストレスを減らすことができるでしょう。

また、家事の分担や効率化を図ることも、日常の疲れを減らす効果的な方法です。

作り置きのおかずや食材のまとめ買い、家電の活用や家事代行などの利用を考えてみてくださいね。

 

働き方を変える方法として、起業や独立をして自分に合った環境を整えるという選択もあります。

ジーラボラトリーでは、サロンオーナーを目指す女性をサポートしています。

長期的なキャリアの構築を目指し、自分の働きやすい環境を作ったサロンオーナー様も多いですよ。

ぜひ一度ご相談ください。

 

サロン経営や女性の働き方に関する役立つ情報は、開業サポートブログで随時公開中。

働き方にお悩みの方はぜひチェックしてくださいね。

あわせて読みたい

facebook

twitter

line

(C)G.Laboratory. All Right Reserved.