【現役サロンオーナーにインタビュー!】元アパレル!もっと楽な仕事がしたいと思って始めたエステサロンのパート~サロンオーナーへ

元アパレル!もっと楽な仕事がしたいと思って始めたエステサロンのパート~サロンオーナーへ
 

エステサロンオーナーになろうと思ったきっかけは?
元々アパレルをしていて、朝は早く、帰りは遅く、結婚をしてから家庭との両立が苦しくなって疲れ果てていました。もう無理だと思って思い切って仕事を辞めてしまいました。
今までは百貨店で働いていたのでお化粧品なども社割で安く買える期間があって高価なものも使えていました。

仕事をやめると、社員割引制度は使えなくなるし、収入はないしで今までと同じお化粧品が使えなくなり、歳を重ねていくのにランクを落とすことも出来ず、パートでもしようと思いました。
アパレル時代のように働くのは嫌だったので、パートで気軽に働けるところはないかなと思ってタウンワークを見ていました。
そんなときエステサロンの受付の応募がでていて、これならできるかもと思って応募しました。
特にエステに興味があったとかでもありませんでした。
採用をしていただき、実際にはたらくことになったのですが、同時に10名くらい採用されている方がいて、同期という仲間が出来ました。
受付での採用だったはずがなぜか同期と一緒にいる中でエステの技術を勉強するようになり同期ともとても仲が良かったので楽しく研修を終えてエステティシャンとしてデビューしました。
エステが楽しかったというよりも仲間といる時間が楽しかったんですかね。
 
通ってくださるお客様のお肌の変化や自分の手でエステをして差し上げて「ありがとう」と喜んでいただけることが嬉しくて、気付けば自分のお客様がたくさん出来ていました。
働く時間は比較的自由に決められたのでアパレル時代のように家庭との両立が厳しくなることはなく、いつの間にか仕事にもやりがいが出てきている自分がいました。
5年くらい働いたかなあ。その頃には店長になっていて、全くエステティシャンになるつもりもなかったのに仕事に夢中になっていました。
 



夢中になってくると、もっとやりたい気持ちが出てきて、、、。
自分のお客様は自分でフォローしたい。もっと喜んでもらいたい。そんな思いが強くなり、自分のお店をもって自分のやりたいようなサロンをつくろうと思ったことがきっかけでサロンオーナーになりました。
 
初めは全く興味はなかったけど、今はサロンオーナーをして本当に良かったと感じています。

トップへ戻る ▲