<代表あいさつ>

こんにちは、松永 毅人です。

ジーラボラトリー株式会社のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

私は大学を卒業後に国内化粧品メーカーに就職し、日本各地の営業拠点責任者として、化粧品取扱店様やエステティックサロン様に直接携わらせていただきました。

当時20代前半で知識も経験も不足していた私に、温かく、時に厳しく接していただいた皆様には、今でも心からの感謝の気持ちを忘れておりません。
あの当時に経験させていただいたことの一つ一つが礎となって、今の私を育ててくれいます。
「ありがとうございます。」

さて、なぜ私が化粧品業界へすすむことを選択したかについて少しお話いたします。

私は子供のころから『人の役に立ち誰かの喜ぶ顔が好き』という気持ちは常に心の中にありました。
お医者さんになって病気を治せたら…、学校の先生になっていろいろなことを教えられたら…等、漠然とした将来の夢はありましたが、真摯にその夢に向き合うことなく、ただ何となく学生時代を過ごしていました。
ただ、スポーツは大学4年生まで一生懸命やっていましたから、周囲には応援してくださるOBの方々が数多くいらっしゃって、その中のお一人が大手化粧品メーカーで工場長をしていらっしゃった方で、私に声をかけていただいたというのがきっかけでした。

そんなきっかけをいただき、化粧品会社について興味を持って調べるにつれて、人は肌の悩みが解消されることで「笑顔」が増え、「明るく」「前向き」になっていけることを知りました。
このことが、子供のころから『人の役に立ち誰かの喜ぶ顔が好き』という胸に秘めていた気持ちを呼び覚まし、化粧品業界への就職に繋がっていきました。

では、実際に自分がすすんだ先で、見て・聞いて・感じたことについて少しお話いたします。

私がこれまでに携わってきた事業領域上、携わる人の約90%が女性の店舗オーナーやスタッフの皆様でした。
そこで多かったお悩みが、「なかなか思い通りにならない、何をしていいかわからない」「憧れをもって美容の仕事に就いたけど思っていたものと違った」「大変なことが多くて愉しく仕事が出来ない」「店舗を開業したいけど何からしたらいいのかわからない」といった、決して前向きとは言えない言葉でした。

また、携わらせていただいた女性の皆様の中には、メンタル的な壁・ライフステージ的な壁によって、「次のステージに思い切って進めない」「自分のことよりも周囲のことを優先しなくてはならない」といったお悩みから、自分の理想とは違う道を選択し、夢や目標をあきらめざるをえなかった人が多くいらっしゃいました。

このような体験を通じて、どんどん大きく燃え盛っていく炎のように熱い気持ちを、私は抑えきれなくなっていきました。

具体的には、女性の皆様がライフプランを自らの意志で設計し、笑顔と自信と誇りを持って、その人の人生を輝かせて歩んでいけるようにサポートしていきたいと、強く思うようになりました。
またそれが、これまでお世話になってきた化粧品業界と、私を温かく育んでくださった皆様に対しての恩返しにも繋がると考えるようになったことです。

そして、その熱い気持ちは、お世話になった当時の勤務先を卒業し、自らの体験に基づいて、自らの意志で一から創る道を選択する結果に繋がっていきました。

その想いをもって、2017年に設立した会社が『ジーラボラトリー株式会社』です。

<ロゴの意味>

Gは重力(Gravity)の頭文字をとっています。
Gの文字が少し右上を向いているのは、上昇するイメージを表しています。

どうしてG(Gravity)かといいますと、世界中から多様な人たちが、ジーラボラトリーの持つG(重力)に引き寄せられて集まってもらいたいなと思っています。
そして集まった人たちがLaboratory(研究室・製作室)を成して、社会や地球環境に貢献していくチームになっていくことをイメージしています。

<ビジョン>

ジーラボラトリーが一体どういうビジョンを掲げているのか?についてお話しします。

私たちジーラボラトリーでは、まずチームの一人一人が、常に幸福感で満たされた先導者でありたいと考えています。そこには、「人の為に」という考え方の前に、まずは私たち自身が、自分の本質を信頼し、自分を承認し、「自分の幸せ」を実践できる人でありたいと思っています。

それが出来てはじめて、本気で相手の幸せを願い、本気で人の役に立ちたいと想うことが出来ると考えています。

そんな私たちの価値観を、これからも大切に伝え続けていく為に、短い言葉にして表現したものがジーラボラトリーのビジョンです。

『Your Beauty Our Happiness』

~あなたの美しさは わたしたちの幸せ~

Your Beautyとは、素肌・健康・心・地球環境の美しさを示しています。
そしてOur Happinessとは、社会全体で感じることが出来る幸せを示しています。
私たちはビジョンに基づいた行動と製品やサービスを通じて、社会全体が共感・承認・信頼し合える美しく幸せな生活を実現します。

そんな価値観を持つ私たちジーラボラトリーが、これから実現したい世界や社会の姿を、『Your Beauty Our Happiness』のアルファベット22文字に想いをこめて表現しました。

<ミッション>

この『Your Beauty Our Happiness』という、私たちが考える最高の公共的未来像に近づいていく為に、私たちが達成すべき取り組みとして、ミッション(使命)を決めました。
私たちのミッションは「心豊かに幸福感の高い人生100年時代の実現」です。

このミッションを達成するために、その方法の一つとして、SR SALON というフェイシャルエステティックサロン事業を通して、女性の皆様がずっと輝いていられるステージ(SR SALONという「空間」と仕事を愉しむ為の「技術」「知識」「環境」)作りをワンストップでサポートしています。

<製品づくり>

私の経験から、その会社が販売している化粧品は、その会社のことをよく表していると思います。
これは化粧品業界に限らず、どんな業界でも同じことが言えるかもしれませんが、私の感覚では、化粧品業界は特にそれが色濃く表れる業界だと思います。

例えば、化粧箱・容器といった見た目はもちろんですが、製品開発理念・製品コンセプト・成分・処方・使用感(テクスチャー)・香りなども、その会社をよく表しています。
さらに、化粧品を扱う人も、その会社のことをよく表していると思います。
これは現在の当社で言えば、私たち従業員はもちろん、化粧品を取扱っていただいているSR SALONのオーナー様やエステティシャンの皆様のことです。

これは私の考えですが、化粧品が自らの意志で、扱う人を選んでいると思います。
笑われてしまいますが、あくまでも私の感覚です(笑)

私はそんな経験と感覚から、製品づくりに関しては、
『どんな方へ届けたいか?』を考え、
『その方へ届けるには、どんな方に取扱ってもらうのがいいか?』を考え、
『その方に扱ってもらうには、どんな流通形態・店舗・販売方法がいいのか?』を考えます。
さらに当社で最も大切にしていることは、上記のように考えたことが、社内外で『言行一致』していくように常に努力を怠らないことです。

こうして誕生した化粧品と、その化粧品を育てていく一貫した姿勢(中心軸)によって、一人でも多くの皆様にお喜びいただくことが、私たちの最高の幸せとなっています。

<これから>

最後に、これから先のことを少しお話しいたします。

松下幸之助さんの言葉をおかりして、当社は『社会の公器』としてあり続けていきます。

さらには、人間だけでなく、森の木々や動植物、美しい海や魚、草花や虫といった多様な生物、そして、きれいな水と空気を育む母なる地球からも、必要としてもらえる存在になります。
それこそが、当社の掲げているビジョン『Your Beauty Our Happiness』です。

(最後までお読みいただき、ありがとうございました)

G.Laboratory
ジーラボラトリーとは?

代表 まつたけの窓